Q&A

かわいそうと思われたくなくて無理してしまう……。

かわいそうと思われたくなくて無理してしまう......

小学生の子どもと二人で暮らしています。生活は苦しいのですが、母子家庭でかわいそうと思われたくないので、子どもや自分に無理して新しい洋服を買ったり、オシャレなお店で外食して、SNSに写真をアップしてしまいます……。

* * *

A. こころ健やかでいるためには、今の自分を認めてセルフケアを!

客観的にご自身を見つめて、無理をしていることを伝えられました。頑張りましたね。とても大事な一歩を踏み出せています。少しずつで大丈夫ですので、これ以上生活が苦しくならないように、無理をしないで過ごせる方法を探してみましょうね。

「母子家庭って貧困なんでしょう」と気の毒がられたり、「パパがいないからやっぱりね」と子どもを非難されたり。社会や周囲の偏見から、ストレスを感じるシングルママたちは多いものです。

人は誰でも自分の存在価値や生き方を、他者から評価されたり、非難されたりすると心が深く傷つきます。人間には心の安全を無意識に守ろうという力が働くため、みじめに見られたくないという自尊心の防衛から、見栄を張って「盛ってしまう」シングルママが、とても増えています。
けれど、この「盛り」は、経済的にも精神的にも、そう長くは続けられませんから、破たんすると、あなた自身のこころが病み、生活も立ちゆかなくなる危険があります。これを脱するには無理をしている自分に気がつくこと、そのうえで今の自分を認めてあげることです。

こころのメンテナンスができれば、自分はこれでいい、こんな自分が好き、と思える気持ちである「自己肯定感」が向上していくはずです。すると、気持ちが前向きになって物ごとの見方が変わったり、気分転換がパッとできたり、抱えきれなくてつらいときは誰かに相談して助けを求めたり、とストレスへの対処が上手になっていきます。そして、こころが元気になっていきます。下のリストを見てください。

セルフケアのために、あなたができることはありそうですか? まず、探してみることから始めませんか。

自分を大切にし、ケアして育む方法いろいろ

自己尊重トレーニングマニュアル

  • 音楽を聴く
  • 気持のいいお風呂に入る
  • 散歩する
  • 誰か特別な人にそっと抱擁してもらう
  • 外出してリラックスする
  • デザートから食べる
  • 理由なく誰かにカードやメールを送る
  • 軽い運動をする
  • 鏡の前で面白い顔を作る
  • 詩や気に入った言葉を声に出して読む
  • カバンの中身を減らし軽くする
  • 自分自身または誰かを許す
  • メディテーション(瞑想)をする
  • 自助グループに参加する
  • 誰よりも早く起きる
  • 違う道を使って家に帰る
  • 砂の城を作る
  • 腹式呼吸(深呼吸)を練習する
  • ストレッチをする
  • 何かやりがいのあるボランティアをする

ためになる本や映画

セルフケアの道具箱: ストレスと上手につきあう100のワーク伊藤 絵美 (著) 細川 貂々(イラスト)/晶文社

カウンセラー歴30年の筆者が、認知行動療法をはじめさまざまな理論を基にしたセルフケアの技術を惜しみなく伝授。わかりやすく、気軽に取り組めそうな方法ばかりが掲載されている良著。
ご購入はこちら

記事を探す