PTAの活動が大変です......。

くじでPTAの係になってしまいました。仕事がある平日の日中に集まりがあったり、わずかな子どもとの時間を潰してPTAの仕事を家でする必要があったりと、本当に大変です……。

* * *

A. 無理をせずに校長・教頭に相談を

PTAは本来、任意加入の団体であり、やりたい人がやるものです。ところが実際にはほとんどの場合、すべての保護者が自動的に強制加入させられ、ひとり親でも病気でも、個人の事情などおかまいなしに、母親であれば一律に仕事を押し付けられがちです。つらいですね。もし「それどころじゃない!」と感じたら、やる必要はありません。

といっても、残念なことに、いまだ多くのPTAでは、「やらない」という選択肢が用意されていません。どうすればいいのでしょう? 一番のおすすめは、学校(校長先生や教頭先生)に伝えることです。PTAの本部役員さん(会長や副会長)に事情を話してみるというのも一案ですが、正しい知識をもたない役員さんにあたると、対応してもらえない可能性もあります。また、プライベートな事情を他の保護者に話すのは抵抗がある人も多いでしょう。

その点、校長・教頭先生は、PTAの強制加入は、本来正しくないやり方であることを知っていますから、「退会したい」と伝えれば、活動を無理強いしてくることはないはずです。PTA役員さんに話をして、調整してくれるでしょう。

万一、校長・教頭先生に退会を阻止されたりしたときは、教育委員会に相談を。なんらかの対応をとってくれるはずです。

あるいは、もし「ちょっとなら活動したい」ということであれば、役員さんに交渉してみるのもいいかもしれません。「これはできないけれど、ここまでならできる」というふうに伝えれば、仕事量を調整するなど、折り合える可能性もあります。

強制されるので、PTA活動には「いやなもの」というイメージが強いですが、実は近所に知り合いができるというメリットもあります。いい関係の知人・友人ができる可能性も、ゼロではありません。

もし時間と労力をとられるデメリットより、メリットが上回ると感じたら、やってみるのも悪くはないと思います。筆者も実は、やってみたら「あれ? 意外とよかったな」と感じた面もありました。

やるのもアリ、やらないのもアリです。くれぐれも、無理はしないようにしてくださいね。

(大塚玲子/ライター・ジャーナリスト)

回答者のプロフィール

大塚 玲子

大塚 玲子 ライター・ジャーナリスト

ライター・ジャーナリスト。主なテーマは「PTAや学校」と「いろんな形の家族」。著書『ルポ 定形外家族 わたしの家は「ふつう」じゃない』(SB新書)、『PTAをけっこうラクにたのしくする本』『オトナ婚です、わたしたち』『PTAがやっぱりコワイ人のための本』(3冊とも太郎次郎社エディタス)、共著は『子どもの人権をまもるために』(晶文社)、『ブラック校則』(東洋館出版社)など。ひとり親。「定形外かぞく(家族のダイバーシティ)」代表。

ためになる本や映画

PTAをけっこうラクにたのしくする本大塚玲子著/太郎次郎社エディタス

PTAの記事の執筆者である大塚玲子さんの著書。多くの人がいやいや取り組んでいるPTA。そのPTAを今よりラクに楽しくする具体的なアイデアを徹底的に紹介している。
PTAの委員や役員になっている人、または、なりそうな人にとって、参考になること必至の良書。
ご購入はこちら

記事を探す