体験談

モラハラ夫から逃れるために、社会的資源をフル活用!

モラハラ夫から逃れるために、社会的資源をフル活用!

夫がモラハラなマザコン男だと分かったのは入籍してすぐでした。

新居に引っ越してすぐに「俺の親と同居できないなら離婚しろ!」「嫁に来たのに俺の親に従えないなら出ていけ!」「養育費は払わない。親権はいらないから離婚して!」そう言われる毎日に耐え切れず離婚の準備を始めました。

まず、経済的にやっていけるか知るために保険屋に依頼して無料でライフプランを作りました。親権さえ取れれば、養育費なんていらないと思っていたけれど、養育費がなければ子供の進学費用が足りないことが分かりました。

次に子供が通院する病院のソーシャルワーカーと都道府県の女性センターに電話しました。
「相談した履歴を公共機関に残した方が良い」という小児科医のアドバイスの基づいたものでした。
また、女性相談センターでは弁護士の無料相談も受けることができ、法律に基づいたアドバイスも頂けます。

そこで、養育費は絶対に貰えることや婚姻費用の存在も教えてもらいました。
別居をスタートしたのは元夫が「出ていけ!」と言ったタイミングです。定期的に言われていたので、自分の準備が出来たあと、言われたタイミングで荷物をまとめて実家に行きました。

そして、自治体の無料弁護士相談を活用し、婚姻費用調停を起こしました。婚姻費用の方が養育費より高いこともあって、元夫が離婚調停を起こし、離婚が成立しました。

無料弁護士相談は相談時間が短いので、子供を連れて行くのはやめた方が良いと思います。私は保育園の一時預かりが利用できたのでそれを利用しました。

離婚した後はしんぐるまざあず・ふぉーらむを初めとして幾つかのメルマガに登録しました。離婚する時もした後も情報が一番大切だと思います。私たちを助けてくれる制度がたくさんあるので今後も上手に活用したいと思います。

(体験者:R.Oさん)

記事を探す

公式SNSはこちら