体験談

教育訓練給付金をもらい産業カウンセラーの資格を取得

教育訓練給付金をもらい産業カウンセラーの資格を取得したシングルマザーの体験談

幼児2人を連れて、夫の借金問題で調停離婚しました。派遣社員で働き、子どもが小さいうちは病気をするので大変でした。
子どもが肺炎で入院したときは、1か月も派遣の仕事を休んだので、復帰するときはとても気を使いました。悪くいわれないように、自分の仕事が空いたときにはほかの人の仕事を手伝うようにしました。
また、女性が多い職場だったので、その職場で力をもっている女性職員がいたので、その人に「わたしはなんにもわからないのでいろいろ教えてください!」とその人の懐に飛び込むようにして、きらわれないようにがんばりました。人のうわさにもまきこまれないようにしてましたね。

子どもが小学生になって余裕ができたので、教育訓練給付金を使って産業カウンセラーの資格を取得。新聞折込みの求人情報紙を見て、小さい会社の営業事務の正社員の仕事に就きました。
仕事探しに悩んだので、キャリアコンサルタントの資格も取得。正社員の仕事をしながら、相談員や講座の講師として働いています。
今は、通信の大学でマネジメントの勉強をしています。

資格などすぐには役に立たないかもしれないけれど、いろいろな勉強していろいろな情報を得ていくことは、自分やまわりの役に立っていると思います。

(体験者:K.Oさん)

記事を探す